日経サイエンス  2018年7月号

特集 系外惑星探索の新時代

米国がこの4月に打ち上げた宇宙望遠鏡TESSを使って,地球から数十光年~100光年という比較的近くにある系外惑星をほぼ全天で探索する国際共同プロジェクトがスタートする。系外惑星を数千個発見し,その中から生命が存在する可能性がある惑星が見つかると期待されている。有力候補の天体を絞り込むには,地上からのフォローアップ観測が不可欠で,日本の研究グループも重要な役割を果たす。
 
 
新宇宙望遠鏡TESS 打ち上げ  J. N. ウィン
本命を絞り込む地上観測網  中島林彦 協力:成田憲保

サイト内の関連記事を読む