日経サイエンス  2018年7月号

特集 混合栄養生物ミクソトロフ

生物は動物や植物,微生物などに分けられるが,まったく別の分類法もある。身体を形づくる有機物を自身で生み出せる「独立栄養生物」と,有機物を外部に依存する「従属栄養生物」との区分だ。植物は独立栄養,動物は従属栄養の代表格だが,プランクトンや細菌には両タイプがある。有機物を自ら生み出しつつ外部からも摂取する「混合栄養生物」(ミクソトロフ)もいるが,例外的な珍しい存在だと考えられていた。ところが近年,海の生態系のベースとなるプランクトンの多くが実は混合栄養タイプであることが判明した。さらについ最近,原始地球で最初に誕生したのは混合栄養生物だったとの新説が提唱され,注目を集めている。混合栄養生物こそ,生命の主役なのかもしれない。
 
 
海を支配するミクロの植物怪獣  A. ミトラ
進化の出発点 混合栄養生命  中島林彦 協力:布浦拓郎

サイト内の関連記事を読む