日経サイエンス  2018年5月号

特集:仮想通貨の科学

信用の進化

N. スモレンスキー(著述家)

銀行と政府は世界経済の信用を整えることに様々な形で失敗してきた。特に過去数十年はそれが顕著で,一般人は中央集中型の権力に懸念を強めて,それに代わるものを探し求めている。ビットコイン(とブロックチェーン技術一般)は信用の調整を,人間の手からコンピューターへ移すことを可能にする。搾取を事後に罰するのではなく,そもそも搾取が起こらないようにシステムを設計できる。ブロックチェーンは人間の解放に役立つと同時に,前例のない監視と統制にもつながる。最終的にどう使われるかは,関連ソフトウエアがデジタル個人情報をどのように扱うかにかかっている。

著者

Natalie Smolenski

身元証明と技術,政府の関わりについて執筆・講演している文化人類学者。オープン標準のブロックサーツを用いてブロックチェーン上で公文書の発行・公証を行うアプリケーションを開発しているラーニング・マシン社の事業開発を率いている。

原題名

The Evolution of Trust(SCIENTIFIC AMERICAN January 2018)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

監視資本主義ビットコインブロックチェーンイーサリアムスマートコントラクトパーミッションド・チェーンリップル分散型台帳ブロックサーツ自己証明型身分証明