日経サイエンス  2018年3月号

バイオフィルムを退治する

K. サウアー(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校)

細菌の集団はゼリー状の「バイオフィルム」を形成して自分たちを包み,身を守っている。排水管についたヌメリなどがバイオフィルムの例だが,体内や医療器具にバイオフィルムができてしまうと抗菌薬が効かなくなり,慢性感染症を起こす原因となる。この砦を打ち破る新戦略が研究されている。細菌が仲間にバイオフィルムからの脱離を伝えるシグナルとして使う化学物質を操る方法などだ。

著者

Karin Sauer

ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の生物学教授。副所長を務めるビンガムトン・バイオフィルム研究センターでバイオフィルムの形成や脱離,抗菌薬耐性のメカニズムについて研究している。

関連記事
バクテリア社会の弱点を突く」,C. ジンマー,日経サイエンス2015年6月号。

原題名

The War on Slime(SCIENTIFIC AMERICAN November 2017)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

バイオフィルムマトリクス基質感染症付着因子抗菌薬表面材DNA分解酵素Ⅰシス2デセン酸環状ジグアニル酸バクテリオファージリポソーム