日経サイエンス  2018年2月号

特別リポート:世界の科学情勢2017

合理性の危機

科学は政治を超えた真実探求ではあるが,政治と無縁ではない。2017年,米国の政権交代と英国のEU離脱決定は世界の科学に“リーダー不在”の混乱を生みつつある。米国を覆う科学否定の背景,ブレグジットに揺れる欧州の科学界,不安定化した情勢のなかで重みを増す中国について考える。

 

科学否定の根底にあるもの
  語り:K. ヘイホー(テキサス工科大学)
  構成:J. シュワルツ(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)

割れるヨーロッパ  フェスパー(ジャーナリスト)

中国の動機  ビリングズ(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)

原題名

Reason on the Ropes(SCIENTIFIC AMERICAN October 2017)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

反知性主義トライバリズム欠如モデル