日経サイエンス  2017年2月号

どうなる米国のプログラミング教育

A. M. ポール(サイエンスライター)

文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化を検討中で,2020年度から学習指導要領に盛り込む方向だ。こうした教育改革は先進国共通の流れで,米国でもホワイトハウスが「コンピューターサイエンス・フォー・オール」イニシアチブを打ち出したほか,いくつかの先駆的な取り組みがすでに動き始めている。だが米国の場合,教師不足や統一カリキュラムの欠如,デジタル格差など,多くの障害がある。また,プログラムの書き方を教えるのは技能に特化しすぎで,底が浅いとの批判も。現地リポートを通じ,コンピューター科学を子供たちに教える意義を考える。単なる技能を超えた「計算論的思考」の教育が重要だろう。

著者

Annie Murphy Paul

サイエンスライター。New York Times紙やTime magazine誌,オンラインマガジンのSlateなどに執筆しており,著書「The Cult of Personality Testing and Origins」はNew York Times紙による2010年の「注目書籍100冊」に選ばれた。近く著書「Brilliant: The Science of How We Get Smarter」が出版される予定。

関連記事
コンピューターが親身に指導?」,S. フレッチャー,2014年1月号。

原題名

The Coding Revolution(SCIENTIFIC AMERICAN August 2016)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

計算論的思考アドバンスト・プレースメント・テスト