日経サイエンス  2017年1月号

しなやかな2足歩行ロボット

J. パブルス(サイエンスライター)

 日本は2足歩行ロボットの開発に力を注ぎ,ホンダのASIMO(アシモ)などが登場しているが,海外でも米国防高等研究計画局(DARPA)などが音頭を取り国際的に研究を加速させている。ロボットは災害対応など多くの用途で階段やドアなど人間が設計した世界を通り抜けなければならず,移動法としては2足歩行が最適とみられるからだ。ユニークなアイデアを盛り込んだ様々なロボットが試作されている。

 

 

【関連動画】ハーストによる講義「歩行・走行ロボットの設計」

著者

John Pavlus

科学と技術,デザインに関する記事を執筆したり映画を製作している。彼の記事はBloomberg Businessweek 誌やMIT Technology Review誌などで読むことができる。

原題名

Bipedal Metal(SCIENTIFIC AMERICAN July 2016)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

2足歩行ロボットDARPAロボティクス・チャレンジAtlasロボットばねマスモデル