日経サイエンス  2016年8月号

特集:がん免疫療法

がん免疫療法2016 3つのアプローチ

K. ウェイントラーブ(サイエンスライター)

免疫系の能力を増強し,がん細胞を攻撃して抑え続ける新世代の治療法が,過去5年間に目覚ましい成果を上げた。「免疫チェックポイント阻害剤」「樹状細胞ワクチン」「キメラ抗原受容体発現T細胞」という3つの新アプローチが実用化ないし臨床試験の段階にあり,悪性の肺がんや皮膚がん,様々な白血病とリンパ腫など,数千人の患者が治療を受けて多くが治癒したようだ。より安全で効果的な治療を目指し,新しい方法やそれらの組み合わせが研究されている。サイエンスライターの著者が米国での実例をリポートする。併せて専門家による以下のコラムを掲載。

 

 

「T細胞を鍛える樹状細胞ワクチン」B. M. カレノ/E. R. マーディス(ともにワシントン大学)

「腸内細菌で免疫応答を引き出す」M-L. アレグレ/T. F. ガジュウスキー(ともにシカゴ大学)

 

代表的な免疫療法の作用を示したアニメーション

著者

Karen Weintraub

フリーランスのサイエンスライター。健康・医療に関する記事をオンラインニュースSTAT(http://www.statnews.com)やUSA Today紙,New York Times紙などに定期寄稿している。

関連記事
がん免疫療法の新アプローチ」,J. D. ウォルコック,日経サイエンス2015年1月号。

原題名

The Cancer Defense(SCIENTIFIC AMERICAN April 2016)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

黒色腫白血病液性腫瘍B細胞T細胞リツキシマブキメラ抗原受容体発現T細胞CAR-T細胞サイトカインストーム固形腫瘍イピリムマブ免疫チェックポイント阻害剤ペンブロリズマブ樹状細胞ワクチン主要組織適合抗原複合体マイクロバイオーム