日経サイエンス  2016年3月号

米国の望遠鏡ウォーズ

K. ワース(ボストン公共放送局 WGBH)

現在,世界で3台の超大型光学望遠鏡の建設が進んでいる。米カーネギー研究所を中心とする巨大マゼラン望遠鏡GMT,カリフォルニア工科大学やカリフォルニア大学,日本の国立天文台などによる30m望遠鏡TMT,欧州南天天文台(ESO)が進める欧州超大型望遠鏡E-ELTだ。各望遠鏡は約30mの主鏡を誇り,宇宙を非常に詳しく調べることができるようになる。そんな力を持ちながら,どの計画も資金問題を抱えている。その主な理由の1つは,米国の光学天文学界の2つの陣営間の対立関係にある。確執は20世紀初頭に始まり,人間関係や連絡不足,技術の競合などが相まって現在に至るまで続いている。

 

 

【スライドショー】Telescopes Have Grown from Huge to Humongous

光学望遠鏡の巨大化の歩み

著者

Kate Worth

ボストン公共放送局(WGBH)制作のテレビ番組「フロントライン」の記者。政治と科学及び両者間の深い結びつきについて関心を持っている。

原題名

Telescope Wars(SCIENTIFIC AMERICAN December 2015)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

TMTGMTE-ELTカーネギー研究所カリフォルニア工科大学カリフォルニア大学ロックフェラー財団30m望遠鏡巨大マゼラン望遠鏡欧州超大型望遠鏡ケック望遠鏡マゼラン望遠鏡フッカー望遠鏡Astro2010