日経サイエンス  2015年12月号

特集:一般相対論100年

万物理論を求めて 未解決問題の総仕上げ

C. S. パウエル(サイエンスライター)

晩年のアインシュタインは,この宇宙の力すべてを統べる統一理論を構築しようと努めたが,失敗に終わった。相対論と量子論を一貫した形にまとめ上げる仕事は現代の物理学者に受け継がれ,暗黒物質と暗黒エネルギーの解明や「ひも理論」の研究など様々な挑戦が続いている。

 

 

再録:別冊日経サイエンス215 「重力波・ブラックホール 一般相対論のいま」

著者

Corey S. Powell

ニューヨークのブルックリンに住むサイエンスライター,ブロガー,編集者。ニューヨーク大学で科学・健康・環境報道プログラムの客員も務めている。ツイッターは@coreyspowell。

原題名

Cleaning Up after Einstein(SCIENTIFIC AMERICAN September 2015)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

アクシオン万物の理論WIMPⅠa型超新星ホログラフィック原理