日経サイエンス  2015年12月号

特集:一般相対論100年

回顧を超えて 今なぜアインシュタインなのか

B. グリーン(コロンビア大学)

 一般相対論はニュートン物理学をひっくり返し,空間と時間の概念を再定義した。創出された新たな研究分野は今も活発に研究されている。またアインシュタインの思考は文化や芸術とも混合し,私たちの世界に消すことのできない無数の影響を与えた。理論物理学者で,ベストセラー『エレガントな宇宙』などでも知られる著者が一般相対論100年を展望する。

 

 

再録:別冊日経サイエンス215 「重力波・ブラックホール 一般相対論のいま」

著者

Brian Greene

コロンビア大学の物理学および数学の教授で,超ひも理論を研究。数々の著書があり,世界科学フェスティバル評議会の共同発起人で議長。

原題名

Why He Matters(SCIENTIFIC AMERICAN September 2015)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

アインシュタインフリードマンルメートルハッブルホーキングブラックホールアハ体験シュヴァルツシルト