日経サイエンス  2015年9月号

特集:宇宙の光を読み解く

ガンマ線で見る極限宇宙

中島林彦(編集部) 協力:手嶋政廣(東京大学宇宙線研究所)

ガンマ線は大気に吸収されるので宇宙望遠鏡による観測になるが,非常に波長の短い(エネルギーが高い)ガンマ線は大気に突っ込むと可視光を生み出すので,これを光学望遠鏡で捉えることでガンマ線天体を地上観測できる。このタイプの次世代ガンマ線望遠鏡の建設が2015年秋から始まる。完成は2020年代初頭の予定で,ガンマ線バーストなど宇宙の超高エネルギー現象の研究が大きく進展しそうだ。宇宙空間を超高速で飛び交う荷電粒子,「宇宙線」の起源解明や暗黒物質の探索も進むと期待されている。

著者

中島林彦 / 協力:手嶋政廣

中島は日経サイエンス編集長。手嶋は東京大学宇宙線研究所高エネルギー宇宙線研究部門教授。MAGICの責任者を務め,現在はCTA日本代表。超新星SN1987AのTeVガンマ線観測にも取り組んだ。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

チェレンコフ・テレスコープ・アレイCTAチェレンコフ光TeVガンマ線ホイップル望遠鏡カンガルー望遠鏡HESSMAGIC宇宙線超新星残骸パルサーパルサー星雲活動銀河核ブレーザーかに星雲スターバースト銀河球状星団銀河系外背景光暗黒物質系外背景光巨大ブラックホールガンマ線バースト超新星爆発超新星SN1987A