日経サイエンス  2015年7月号

特集 炎熱のブラックホール

光さえも逃げ出せないはずのブラックホールから粒子が漏れ出すというホーキングの発見は世界中の物理学者を悩ませてきた。このいわゆるホーキング放射の存在はブラックホール内部で情報が破壊されることを意味するように思えるが,量子力学は情報の消失を禁じている。この難局を切り抜けるための理論研究から1つの新説が提唱された。ブラックホールの縁を構成する「事象地平」には超高エネルギー粒子でできた「ファイアウォール」があるという。またホーキング放射の存在から,事象地平のすぐ外側も非常に熱くなっていると考えられ,そこからエネルギーを取り出せるかどうか理論的な検討も行われている。思考実験で用いるのはSF小説でおなじみの「宇宙エレベーター」だ。

 

 

時空の終端 ファイアウォール  J. ポルチンスキー

ブラックホールからエネルギーを取り出せるか  A. ブラウン

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

ブラックホールホーキング放射ホーキング粒子事象の地平面事象地平ファイアウォールポルチンスキー量子もつれ情報のパラドックスブレーンDブレーンマルダセナの双対性AMPSパラドックス宇宙エレベーター軌道エレベーター超弦理論ストリングカーボンナノチューブクラーク