日経サイエンス  2015年3月号

インフルエンザの不思議 抗原原罪

ダウンロードサイトにてPDFセットがセール中 詳しくは↓

A. J. クチャルスキ(英ロンドン大学)

 多くの感染症は一度かかると終生にわたる免疫ができ,再び罹患することはない。だがインフルエンザは別だ。ウイルスが年々少しずつ変異し,免疫系の防御から逃れる。そして奇妙なことに,インフルエンザウイルスに対する免疫は年少の子供でピークに達した後に中年の人では低下し,高齢者になると再び上昇する傾向がある。免疫系が最初に出会ったウイルスの印象を引きずり,後に微妙に変異したウイルスに対しても同じように反応する結果,最適な防御ができなくなっているらしい。「抗原原罪」と呼ばれる現象だ。数理モデルを用いた近年の研究によって,この仮説を裏づける証拠が得られている。

 

 

お得なPDFセットキャンペーン開催中!
この分野への理解が深まる記事とセットになったPDF「インフルエンザに立ち向かう」を
特価200円でお求め頂けます。(期間限定)
 

 

【関連動画】

著者

Adam J. Kucharski

ロンドン大学熱帯医学衛生学大学院・感染症疫学講座のリサーチフェロー。

原題名

Immunity's Illusion(SCIENTIFIC AMERICAN December 2014)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

インフルエンザ免疫応答抗原原罪数理モデルシミュレーションメモリーB細胞