日経サイエンス  2014年2月号

特集:だまされる脳

サブリミナル効果の真実

W. シュトレーベ(オランダ・ユトレヒト大学・フローニンゲン大学)

 数十年間,一般大衆はサブリミナル広告を洗脳と同種のものとみなして恐れてきた。科学者たちは概ね,サブリミナル広告を根拠のないものとみなしてきたが、最近の研究結果によると,スクリーンやコンピューターのモニター上に明滅するサブリミナルなメッセージが私たちの決断に影響を及ぼす場合がある。ただし、それは特定の欲求があるために説得を受け入れやすい場合に限られるようだ。

 
 

再録:別冊日経サイエンス201「意識と感覚の脳科学」

著者

Wolfgang Stroebe

オランダのユトレヒト大学とフローニンゲン大学の社会心理学教授。

原題名

The Subtle Power of Hidden Messages(SCIENTIFIC AMERICAN MIND May/June 2012)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

サブリミナルバックマスキング