日経サイエンス  2013年11月号

特集眠りと夢の脳科学

明晰夢の効用

U. フォス(ボン大学)

明晰夢は、今夢を見ていることが自分でわかり,時にはそのストーリーを自分の思うように操作できるという特別なタイプの夢だ。明晰夢は最近まで,好奇の対象として考えることが多かったが,この夢を活用することで,心の治療やスポーツの訓練に効果があることが注目されている。

このタイプの夢を見ているときは,通常の夢の時とは違い,脳のいくつかの部分が同時に働くという傾向がある。また,明晰夢を見ているときの前頭葉は覚醒時と同じくらい活発に働いているという。

明晰夢を自由自在に見ることは難しいが,訓練次第でその頻度を高めることは可能だ。記事には訓練法の具体的な内容も紹介している。明晰夢にはわからないことが多いが,この夢を見ることで,夢とわかっている安心できる状況の下で,心配事や恐怖の対象に直面することによって,そうした刺激に対する過剰な反応を緩和できるのではないかという考え方がある。

 

 

再録:別冊日経サイエンス201「意識と感覚の脳科学」

著者

Ursula Voss

ドイツ・ボン大学の心理学専攻の客員教授。

原題名

Unlocking the Lucid Dream(SCIENTIFIC AMERICAN MIND November/December)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

明晰夢不安障害悪夢障害