日経サイエンス  2013年9月号

恐竜のセックス

B. スウィーテク(サイエンスライター)

ブラキオサウルスなど大型の恐竜は体長30m近い。科学博物館のホールに展示された骨格模型に私たちは目を見張るが,この記事の著者はやや奇妙な疑問を抱いた。「こんな巨大な動物がどのように交尾していたのか?」 恐竜にしてみれば余計なお世話,交尾の様子は化石に残っていないこともあって恐竜のセックスを研究している科学者は多くはない。だが,少しずつ手がかりが得られ,恐竜の生殖器がどんなものだったか推定がついてきた。交尾の姿勢は? 背中に骨板やスパイクを持つ剣竜類の場合,それらが邪魔になったのでは? いろいろ想像される交尾姿勢をコンピューターモデルで検証する研究も進んでいるという。

 

 

関連動画:恐竜の皮膚の色を決めるには?

 

再録:別冊日経サイエンス220 「よみがえる恐竜 最新研究で明かす姿」

 

著者

Brian Switek

ソルトレークシティーを拠点に活動するフリーランスのサイエンスライター。「My Beloved Brontosaurus」は2冊目の著書になる。

原題名

Love among the Dinosaurs(SCIENTIFIC AMERICAN April 2013)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

総排出腔骨髄骨成長停止線