日経サイエンス  2013年6月号

特集:天才脳の秘密

天才と変人 解き放たれた知性

S. カーソン(ハーバード大学)

 天才と呼ばれる人,創造性に富む人々は,奇妙な思考や振る舞いをすることがしばしばある。こうした創造性と奇抜さには共通する原因があるらしい。どちらの原因も,脳で「認知的脱抑制」と呼ばれる状態が強まることと関係しており,これは遺伝的な要因も作用している。認知的脱抑制とは,脳が無関係な情報をフィルターにかけて遮断するという通常やっていることができなくなる状態だ。それでも非常に知性的な人々は,フィルターにさえぎられずに入ってきた大量の情報にも圧倒されることがないため,情報が意識に上がってきた際に,並外れたアイデアや知覚が生まれるのだと考えられる。

 

 

再録:別冊日経サイエンス201「意識と感覚の脳科学」

著者

Shelly Carson

ハーバード大学の講師。創造性,異常心理およびレジリエンス(精神的回復力)について教えている。著書に「Your Creative Brain: Seven Steps to Maximize Imagination, Productivity, and Innovation in Your Life」(Harvard Health Publications,Jossey-Bass/Wiley)。

原題名

The Unleashed Mind(SCIENTIFIC AMERICAN MIND May/June 2011)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

統合失調型パーソナリティー障害認知的脱抑制