日経サイエンス  2012年12月号

詳報 ノーベル化学賞

細胞センサーとなるタンパク質解明

古田彩

 光を感じて瞳孔を閉じる,花のいい匂いを感じてうっとりするなど,私たちの身体は絶えず,外界からの情報を捉えて反応している。その最初の一歩となるのが,細胞のセンサーとなる膜タンパク質だ。2012年のノーベル化学賞はそうしたセンサータンパク質で最多の「Gタンパク質共役受容体(GPCR)」の機能と構造を解明した米国のハワード・ヒューズ医学研究所のレフコウィッツ(Robert J. Lefkowitz)博士と,スタンフォード大学のコビルカ(Brian K. Kobilka)教授に授与される。

 

 レフコウィッツ博士は,細胞の外にあるアドレナリンを捉えて細胞内にその情報を伝える「βアドレナリン受容体」の機能を解明した。またコビルカ博士とともにその遺伝子を特定し,この受容体の構造をつきとめた。同じ基本構造を持つGPCRは約1000種が見つかっており,うち半数が脳活動や心拍,呼吸,消化などの身体活動にかかわっている。現在市販されている医薬品のうち,約半数がGPCRに作用する薬だ。両氏が研究を進めたβアドレナリン受容体はGPCR全体のモデルとなり,創薬研究に大きな進歩をもたらしている。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

GPCRGタンパク質共益受容体Gタンパク質信号伝達アドレナリンβアドレナリン受容体構造解析